ドラマ

【トップナイフ】5話ネタバレあらすじと視聴率!どんどん自信を失くしていく西郡(永山絢斗)…

今回は、2020年2月8日放送のドラマ『トップナイフ-天才脳外科医の条件-』第5話のネタバレあらすじと視聴率についてまとめました。

Sponsored Link

【トップナイフ】5話ネタバレあらすじ

自信をなくした西郡と小机

西郡(永山絢斗)は、母親の喜和子(中尾ミエ)から『才能無いね、お前は』と言われて大きなショックを受ける。

その言葉が気になって、自信を失くした西郡はオペにも入りたがらなくなっていた。

行きつけのバー「カサブランカ」のマスター・来島達也(古川雄大)と一晩を共にした小机(広瀬アリス)もまた、仕事に集中できずにいた。

深山(天海祐希)は、医師としての才能に自信を失くした2人を気にかけるのだった。

天才ピアニストと自称ピアニストが来院

ある日、史上最年少でショパンコンクールを優勝した天才ピアニスト・景浦祐樹(柿澤勇人)が耳の聞こえが悪いと、西郡の診察を受けにやって来た。

景浦は、耳は自分にとって命よりも大切だと言うのだ。

診察の結果、聴神経腫瘍が見つかった。

景浦はピアニストとして聴神経と顔面神経の温存を希望した。

だが、西郡は、このサイズの腫瘍だと命を救うことを最優先される極めて難しい症例だと話した。

脳神経外科部長の今出川(三浦友和)も西郡の主張に同意を示していた。

さらに今出川は、この難しい景浦のオペを西郡に執刀して欲しいと言う。

深山は反対するも、今出川は『オペで失くした自信はオペで取り戻すしか無い』と続ける。

結局、西郡が執刀し、深山が助手に入ることになった。

同じ頃、自宅アパートのベランダから布団をとりこもとうして落下した患者・根岸麻理恵(大西礼芳)が救急に運ばれて来た。

頭部CTに異常は見は見られなかったが、念のため入院することになった。

ある日、西郡が手術のシュミレーションをしていると、根岸麻理恵の笑い声が聞こえて来た。

『熱心だね』と声をかけられた西郡は、『自殺する暇もないくらいに生きるのに必死だからね』と返答した。

それを聞いた根岸麻理恵は、何も返すことができずに部屋を後にした。

翌日、西郡の診察を受けた根岸麻理恵はからかったことを謝罪し、自殺しようしたことを告白した。

さらに自分は自称ピアノ講師で、同じ音大出身の景浦と比較して自暴自棄になっていたと続ける。

自分には才能が無いと言う根岸麻理恵に、西郡は『諦めているから差がついたんじゃないの?』と言うのだ。

その言葉に勇気付けられた根岸麻理恵は、作曲家になるという夢を諦めずに追いかけることを決意した。

そんな中、西郡は根岸麻理恵の脳に内出血している腫瘍があるのを発見した。

西郡から手術をしないと後遺症の危険があるかもしれないと聞いた根岸麻里恵は大きなショックを受ける。

今は作曲家としてデビューできるかもしれない大事な時期であり、手術をしている場合ではないと言うのだ。

そこで西郡は放射線で様子を見ることにした。

景浦の本音が明らかに

一方、景浦は不安で眠れない日々を過ごしていた。

深山が話を聞くと、景浦は耳なんて聞こえなくなっても良いのだと言うのだ。

実は景浦は、聴神経よりも顔面神経が麻痺するのを恐れていた。

世の中の大半は素人であり、お客は自分のピアノよりも顔を見に来ていると言うのだ。

景浦は顔面神経が傷ついたらタレントの自分はもう生きていけないと考えていた。

そんな中、景浦の手術の日を迎える。

西郡のシュミレーションの甲斐もあり、手術は無事に成功した。

自分の才能の無さに気付いた西郡

見事だったと声をかける深山だが、西郡は偶然だと言った。

西郡は自分には才能が無いことに気付いてしまったのだ。

そんな西郡に、深山は『私も平凡だ』と声をかける。

そこへ、景浦のマネージャーが倒れたと言う連絡が入った。

景浦の手術中、何も飲んでいなかったためにクモ膜下出血で倒れてしまったのだ。

そこで緊急手術が行われることになった。

自ら執刀を申し出た西郡だったが、再破裂を起こして呆然と立ち尽くしてしまう。

そこへ黒岩(椎名桔平)が駆けつけ、手術はなんとか無事に成功した。

しかし黒岩の手際の良い手術を見た西郡は、さらに自信を失くしてしまうのだった。

根岸麻里恵の悲しい事実が明らかに

そんな西郡の元に、根岸麻里恵が救急搬送されてきたという連絡が入った。

(レコード会社との契約が決まりそうだったのに…)、と自分のことのように落ち込む西郡。

それを聞いた深山は、作曲家としてデビューするのは今すぐ辞めさせるべきだと言うのだ。

なぜなら根岸麻理恵が作曲した曲たちは、他のアーティストのコピーだったのだ。

実は彼女は後天性のサバン症候群を患っており、一度聞いた曲を無意識に自分が作曲したと思い込んで再現していたのだ。

西郡から真実を告げられた根岸麻理恵は大きなショックを受けるのだった。

小机が恋愛解禁を宣言

小机は研修医時代に今出川から、恋をしたことがなかったら脳外科に来た方が良いと言われたことが気になっていた。

その言葉の真意を確かめようとするも、今出川からは『それでいい』と軽く流されてしまう。

今出川から背中を押されたような気がした小机は、深山に『私、恋愛解禁します!』と宣言するのだった。

【トップナイフ】5話まとめ・判明したこと

DNA鑑定の結果、黒岩と保が親子であることが判明した

来島と一晩を共にした小机だが、実際は添い寝をしていただけだった

深山に恨みを持つ人物がいることが分かった

▼次回予告動画▼

【トップナイフ】5話の視聴率

分かり次第、更新いたします。

Huluの無料期間を利用することで、ドラマ『トップナイフ-天才脳外科医の条件-』の1話から最新話まで見放題になります!

\2週間の無料体験できます♪/

\無料期間内に解約すれば完全無料!/

Sponsored Link
error: