ドラマ

【テセウスの船】4話ネタバレあらすじと視聴率!文吾の冤罪を証明しようとする心(竹内涼真)

今回は、2020年2月9日放送の『テセウスの船』第4話のネタバレあらすじと視聴率についてまとめました。

Sponsored Link

【テセウスの船】4話ネタバレあらすじ

由紀と再会する心

現代に戻った心(竹内涼真)は慌てて今の状況を調べるが、父・文吾(鈴木亮平)は死刑のままだった。

さらに、一家心中で母・和子(榮倉奈々)と兄・慎吾(番家天嵩)が亡くなったことを知り、心は衝撃を受けた。

自分が過去に行ったせいで未来は余計に悪い方に向かってるじゃないか。

心はふと未来(由紀との子供)のことを思い出し、家に向かった。

しかし、確かに自分の部屋だが妻・由紀(上野樹里)と未来の物はない。

未来が変わったのなら由紀はまだ生きているかもしれないと思った心は、由紀の実家へ急いだ。

そこで由紀から声をかけられ喜ぶ心だが、由紀はもう心の知っている由紀ではなかった。

週刊実像の記者になった由紀は音臼事件を追っており、心が文吾の息子だと気づくと取材を始めた。

由紀に次々と質問をぶつけられ、心は逃げるようにその場を後にした。

心は文吾と面会する

翌日、心は宮城拘置所へ向かい、年老いた文吾と再会した。

文吾は心のことを覚えており、心と会えるのを楽しみにしていたと微笑んだ。

文吾はひどく咳き込むと、心がいなくなった後何があったのか語りだした。

あの後すぐ金丸(ユースケ・サンタマリア)が音臼嶽の谷で遺体で発見され、捜査中の事故として処理された。

しかし、金丸は文吾を殺人犯にしないための重要な証拠を探しにいくと言っていた。

金丸は真犯人に殺されたのだ。

それで怖くなった文吾はなんとかお楽しみ会を中止にさせようとした。

しかし中止にはならず、事件当日、文吾は朝から学校の中を歩き回った。

用意されていた飲み物は全部捨て、水道水以外は飲むなと言って回った。

でも結局、会場に用意されていた“はっと汁”に青酸カリが入れられ、事件が起こってしまった。

犯人は心のノートを見て計画を変更したのだ。

それを聞き、心は自分のせいでこうなったと激しく自分を責めた。

冤罪を絶対証明するという心だが、文吾はそれはもういいと首を振った。

文吾は弁護士から、全部をひっくり返すような新たな証拠や証言が得られなければ再審は無理と言われたのだ。

諦めちゃだめだと訴える心に、文吾はこの前鈴に初めて会ったことを明かした。

文吾は心に鈴に会いに行くよう頼むと、『鈴はやっと自分の人生を生きようとしている。だから…』と激しく咳き込み始めた。

そして心にもこれからは自分の人生を生きるよう告げると、部屋を後にするのだった。

鈴と再会した心だが…

東京に戻った心は鈴(貫地谷しほり)の家を探していた。

すると見知らぬ女性に『心でしょ?会いたかった』と涙を流され、心は驚いた。

なんと鈴は顔を整形しており、名前も村田藍と変えていたのだ。

連絡先を交換していると、車椅子の男性と白髪の女性が現れた。

鈴は心に夫の木村みきお(安藤政信)義母のさつき(麻生祐未)だと紹介した。

それを聞き、心はさつきが音臼小にいたさつき先生だと気づいた。

家に寄ることになった心は、みきおから鈴との馴れ初めを聞かされた。

子どもの頃、あることのせいで立てなくなったみきおは、リハビリ施設で鈴に会い鈴に好意を持ったのだ。

そこに心に電話があり、心はその場を離れた。

電話の主は鈴からで、『もうこれ以上関わっちゃだめ。帰って』というものだった。

しかし心はその部屋で、小学生の鈴とさつきが一緒に映る集合写真を見つけてしまった。

部屋に入ってきたみきおは、自分が音臼小事件の後遺症で下半身不随になり、その後さつきが身寄りのない自分を引き取り育ててくれたと語るのだった。

木村家を後にした心は、鈴からみきおは鈴だと気づいていない、みきおにそばにいてと頼まれ断れなかったと告げられた。

『好きでもないのに償いのためだけにそばにいるの?』と言う心だが、鈴はそうすれば穏やかに生きていけると頑なだった。

心は鈴に『2人で父さんの無実を証明しよう。そしたら自分の名前で堂々と生きていける』と訴えた。

だが鈴は『田村鈴はもういない。お父さんにも最後のつもりで会いに行ったの。心と会うのもこれで最後』と呟くと家へ戻っていった。

その様子を陰からさつきが伺っていた…。

心は由紀に情報提供を頼む

家に帰った心は事件について調べ始めた。

心は年1度、音臼小事件の被害者の集いが行われていると知り、そこに行けば新しい情報が見つかるかもしれないと思った。

そこで今も会が開かれているのか、心は由紀に情報を求めた。

翌日、喫茶店で心は由紀と話をした。

心はつい由紀の好きなミルクティーを頼んでしまい、『なんで知っているの?』と由紀に怪訝な顔をされてしまった。

心がみんなに責められるのを覚悟で冤罪の証拠を探そうとしているのを、由紀には理解できずにいた。

心はそんな由紀に、再会した姉が名前も顔も変え生きていたことを打ち明け、でも自分はもう逃げたくないと訴えた。

そして、『俺の父親だから、信じてみたいと言ってくれた人がいたんです』とタイムスリップする前に由紀が言ってくれた言葉を告げると、由紀に深々と頭を下げた。

由紀はため息をつくと、2020年の被害者の集いの資料をテーブルに置いた。

由紀は、会は高齢化が進み今年が最後だからラストチャンスだと告げると、『きっと素敵な人なんでしょうね。その信じるって言ってくださった方…』と心に尋ねた。

それを受け、心は『俺の1番大切な人です』と心から頷くのだった。

心は鈴に事情を話すが反対されてしまう

一方その頃、さつきはみきおが被害者の集いに行かないと聞き、仙台行きを止めることにしていた。

そこに心からメールがあり、鈴は心に会いに出かけた。

心から話を聞いた鈴は、被害者の会に行くなんてすぐバレるからやめてと訴えた。

その話を陰で聞いていたさつきは、怒りに震え立ち去った。

鈴は1度は反対したものの、心と別れた後文吾のことを思い出し、結局は心が被害者の会に行くことを許してくれた。

それをカメラで見ていたさつきは、『今年は会に出るの?』と村人たちに電話しながら、写真の鈴の顔をグリグリとペンで塗りつぶすのだった。

音臼小事件被害者の集いへ

そして被害者の会当日、心は中に入れずうろうろしていた。

そこに心を気にかけた由紀が現れた。

心がうっすら扉を開けると、さつきが壇上で話す声が聞こえた。

さつきと目があった心は慌てて扉を閉めた。

『さつき先生は来ないと言っていたのに…』動揺した心は、今回は諦めると鈴に電話をかけた。

しかし、鈴は文吾のために証言してくれる人を見つけてと言った。

鈴は、『文吾の無実が晴らされればみんなまた笑って暮らせる、今度は自分たちが頑張る番だ』というのだ。

だが心は鈴や文吾の悲しむ顔をもう見たくないからやめると由紀に告げた。

それを聞いた由紀は会場の中へ入っていくと、自分は週刊実像の記者だと名乗り出た。

由紀は『犯人とされる佐野文吾は今も無実を主張している。彼は本当に犯人なのでしょうか?』と、当時公表されなかった村人の証言を読み始めた。

それは文吾が犯人とは思えないというものだった。

野次が飛び交う中、必死に村人たちに呼びかける由紀だが、ついに水をかけられてしまった。

それでも由紀は、当時事情があって言えなかった情報があったら教えてくれと頭を下げた。

会場から出てくると、由紀はめっちゃ怒られたと笑った。

そんな由紀に、心は自分の知っている由紀の姿を重ねてしまった。

それを見ていたさつきは舌打ちするのだった。

その後、すぐに文吾の弁護士に手紙が届き、事件について証言してくれる人が現れた。

一方、鈴にさつきから話があるとメールが届いた。

さつきは『うさぎ並みのおバカさん』とカメラで鈴を監視しながら呟いた。

さつきの机の上には、気味の悪い絵と古いシアン化カリウムの瓶があった。

【テセウスの船】4話まとめ・判明したこと

心が家に帰ると、由紀と未来の物はなく、由紀は週刊実像の記者になっていた。

文吾に面会した心は、事件をすべてひっくり返すような新たな証拠や証言が出てこない限り再審は無理だと聞かされた。

再会した鈴は“村田藍”と名前を変え、顔も整形しており、事件被害者のみきおとさつきと一緒に暮らしていた。

由紀が被害者の会で訴えたおかげで、新しい証言をしてくれる人が現れた。

さつきはずっと鈴を監視しており、さつきの机の上には気味が悪い絵と古いシアン化カリウムの瓶があった。

【テセウスの船】4話の視聴率

分かり次第、更新いたします。

Sponsored Link
error: