ドラマ

【ケイジとケンジ】最終回(9話)ネタバレあらすじ!澤登の証言からついに事件が解決へ…!

今回は、2020年3月12日放送のドラマ『ケイジとケンジ』第9話のネタバレあらすじについてまとめました。

【ケイジとケンジ】最終回(9話)ネタバレあらすじ

殺人事件発生

ある時、身元の分からない男性の遺体が発見されて、仲井戸(桐谷健太)たち刑事は現場にきていた。

遺体の傷の確認をしていると、神奈川県警捜査一課の面々もやってきた。

捜査一課長・見城(池田成志)に必死に遺体の説明をする仲井戸だったが、『お前は黙ってろ』と言われてしまった。

それでも気にせず仲井戸が見城に話しかけていると、そこへ真島(東出昌大)みなみ(比嘉愛未)もやってくるのだった。

遺体は身元が分からなかったが、運よく目撃者がいて、犯人は3人組ということだけ分かっていた。

被害者の身元が判明

被害者の体にあったタトゥーの一部が焼かれていたのだが、実は先日決闘罪で逮捕された澤登(木村龍)にも、被害者と同じタトゥーが彫られていた。

仲井戸が澤登に被害者の写真を見せたことで、被害者は八尾弘樹(續木淳平)という男性だということが分かった。

2人はベイシャークスという犯グレ集団の仲間だった。

さらに仲井戸が澤登に詳しい事情を聴くと、八尾はベイシャークスの幹部で、そのグループのリーダーが、児童虐待容疑で桜木署が行方を捜している久我山(桐山漣)ということが判明した。

そして仲井戸の取り調べで、澤登は『八尾さんがお店の売上金を着服しているという噂があった』『それで久我山さんがキレていた』と言い始めたのだ。

容疑者たちを逮捕する

その後、見回りの警察官から、容疑者の1人・椿(森谷勇太)を見つけたという連絡を受け、仲井戸と目黒(磯村勇斗)はさっそく椿の尾行を始めた。

一方、他の桜木署の刑事たちは、ベイシャークスの違法行為を暴くために動き出していた。

次の日、殺人の容疑者・久我山、椿、甲斐(内田健司)の3人は海外に高飛びしようとしていた。

3人が『カンクンまでノンストップで行くぞ』と話しているところに、仲井戸たち刑事がやってきて、『逮捕状が出ています』と3人に言った。

警察は殺人の証拠を集めるための時間稼ぎとして、違法賭博のお店をやっていた椿と甲斐は風営法違反で、久我山は児童虐待で逮捕したのだった。

別件逮捕がバレないように、警察は八尾が殺された事件にはあえて触れず、何とか遠回しに3人から八尾の情報を聞き出そうとしていた。

仲井戸は児童虐待をした久我山が許せなかった。

仲井戸は、『お前が子供を殴ったんだろ』『分かってるんだから正直に言え』と久我山に怒鳴った。

そして感情的になりすぎた仲井戸は、つい久我山の前で八尾の名前を出してしまった。

何とかごまかした仲井戸だったが、そのことで仲井戸と真島はケンカになった。

必死に他の刑事が止めに入るがなかなか収まらず、最後にはみなみの『やめてー』という叫び声で、仲井戸と真島は何とか我に返るのだった。

犯人たちは検察に送検される

その後、取り調べも無事に済み、久我山は児童虐待の罪で、甲斐と椿は風営法違反で検察に送検されることとなった。

取り調べの中で、ベイシャークスの上下関係の内情や、殺人の動機が八尾がお店の売上金を着服したせいだったということも、はっきりと分かった。

しかし、物的証拠だけがどうしても見つからなかったのだ。

すると捜査会議で突然、仲井戸が捜査一課長の見城に『もう一度澤登に話を聞かせてもらえませんか?』と言うのだった。

もう1台のスマホ

澤登ともう一度話すことが出来た仲井戸は、犯グレ集団に所属していたことに対して澤登に説教をし始めた。

すると澤登は『俺だって途中からは辞めたかったんだ』『だから椿さんがいつも電話で相談に乗ってくれて…』と言うのだった。

椿のスマホをすでに調べてあった仲井戸は、『嘘をつくな、お前との通話履歴はないぞ』と澤登に言うと、澤登は『椿さんはスマホを2台持ちしていた』と仲井戸に言った。

ついに証拠が見つかる

澤登から椿のもう1台のスマホの話を聞いた警察が調べてみると、椿が彼女にスマホを預けていたことが判明した。

そこから、ついに物的証拠が見つかったのだ。

スマホの中には、久我山らが八尾を暴行している際の動画が入っていた。

そして、久我山が八尾を殺した決定的な瞬間が映っていたのだった。

さらに警察は地道な捜査により、ベイシャークスのメンバー全員を風営法違反で逮捕することに成功した。

これにより、ベイシャークスは壊滅するのだった。

表彰される桜木署

桜木署のメンバーはベイシャークスを壊滅できたことを喜んでいた。

そこに電話がかかってきて、電話に出た桜木署署長(風間杜夫)が突然『えっ、本当ですか』と大声を上げた。

電話を切った署長は『桜木署が警察庁長官賞を受賞することになった』と仲井戸たちに言った。

犯グレ集団を壊滅させた功績が認められて、桜木署は警察庁長官から表彰されることになったのだ。

それを聞いて、仲井戸たち桜木署のメンバーは大喜びした。

そしてその後、すべての事件が解決したことを祝って桜木署、神奈川県警捜査一課、検察の全員で祝杯を挙げるのだった。

【9話まとめ・判明したこと】

仲井戸が追っていた児童虐待犯の久我山は、半グレ集団・ベイシャークスのリーダーだった

桜木署はベイシャークスを壊滅させた

桜木署は警察庁長官賞を受賞した

\31日間の無料トライアル♪/

\無料期間内に解約すれば完全無料/

https://oricoma.com/drama/23628/

https://oricoma.com/drama/23918/

https://oricoma.com/drama/24017/

https://oricoma.com/drama/24373/

Sponsored Link
error: