ドラマ

絶対零度シーズン4最終回(11話)ネタバレあらすじ!篠田の最終計画を防げるか!?

今回は、2020年3月16日放送のドラマ『絶対零度シーズン4』第11話のネタバレあらすじについてまとめてみました。

【絶対零度2020】最終回(11話)ネタバレあらすじ

加賀美が篠田の病院へ

ミハンシステムにより危険人物として探知された加賀美聡介(柄本明)は、水島歩こと篠田浩輝(高杉真宙)が運び込まれた病院へ向かった。

その加賀美聡介を追って、井沢範人(沢村一樹)吉岡拓海(森永悠希)も病院へ急いだ。

井沢たちが病院に到着すると、病室には篠田の姿はなかった。

加賀美が到着した時にはすでに篠田は姿を消していた。

1人で病室にいた加賀美は、篠田への想いを話し始めた。

加賀美は、篠田を映画館で救った後、篠田と接するうちに篠田のことを愛おしく思うようになった。

そんな加賀美は、道を踏み外した篠田を自分の手で止めてやらなくてはいけないと考えていた。

そう話した加賀美に、吉岡は1人で抱えることはないと言った。

それに対して、加賀美は『じゃあ、僕はどうすればいい?頼む歩のことを、歩を…』と言って、井沢を見た。

捜査一課による現場検証

その頃、捜査一課刑事の早川誠二(マギー)らによって、諏訪樹生(松尾諭)の殺害現場の現場検証が行われていた。

ミハンの山内徹(横山裕)も、早川に合流した。

早川はミハンの予想通り、水島歩が顔を変えて篠田として生きていたことが捜査により分かったことを山内に話した。

現場検証では、篠田の体に残った銃弾から、諏訪が篠田を撃ったが、諏訪がトドメを刺そうと篠田に近づいたところを逆に篠田にナイフで心臓を一突きされて殺されたと考えられた。

また、早川は、小田切唯(本田翼)の骨伝導ベルトに盗聴器が仕掛けられていたことを山内に明かした。

その盗聴器から篠田はミハンの情報を得ていたのだった。

そして、篠田は、香坂朱里(水野美紀)が単独でテロ実行部隊を調べていることを知って、テロ実行犯のアジトにあった無線から香坂に接触し、爆弾が仕掛けられていた場所まで呼び寄せて殺したことが考えられた。

以上のことから、篠田がテロの首謀者として指名手配されることとなった。

小田切は辞職へ

遺体安置所では、香坂の遺体の傍で小田切が自分のせいで香坂が死んだのだと自分を責めていた。

そこに、吉岡が入ってきて、監察官が小田切を呼んでいることを伝えた。

取調室で監察官は小田切に対して、篠田が意図的に接近したことに疑いを持たず、その結果、多くの人を危険にさらしたと責め、懲戒免職は免れないと言った。

対して、小田切は自分の名札を監察官に返還し、取調室を出ていった。

外には山内と吉岡が待っていた。

吉岡は小田切に『辞めるなんて許さない』と言い、山内も『お前1人のせいじゃない』と言ったが、小田切は『警官失格』とだけ言って去っていった。

井沢は宇佐美の面会へ

その頃、井沢は井沢の妻子殺害の犯人として逮捕されていた宇佐美(奥野瑛太)の面会に来ていた。

井沢は、宇佐美が篠田と同じ児童養護施設の出身だと言うことが分かった、と宇佐美に話した。

そして、香坂が宇佐美に何度も会いに来ていたのは、弟が弟が生きているか宇佐美に話を聞くためだったと井沢は予想した。

それを聞いて、宇佐美は井沢に話し始めた。

宇佐美『自分は、水島歩をいじめてた。それでも、この世の地獄から救ってくれた』

宇佐美は、篠田が殺した施設長によって性的虐待を受けていた被害者だった。

井沢は宇佐美に、井沢の妻子の血の付いたナイフを見せた。

すると宇佐美は、『言っただろ、お前は越える。一線を』と、井沢に向かって言った。

姿を現した篠田

井沢がミハンルームへ戻ると、加賀美がいた。

井沢は加賀美に、篠田と宇佐美が同じ施設出身であること、宇佐美の先に篠田がいたことを知っていたんですね、と尋ねた。

その時、ミハンシステムが危険人物として篠田を探知した。

防犯カメラに映し出された篠田は、挑発するようにカメラをじっと見ていた。

加賀美が防犯カメラを追跡すると、篠田が乗り込んでいく車の運転席にはテロ実行犯の里谷隆一(高岩成二)の姿があった。

また、加賀美によって、篠田に命を救われていた警視庁秘書課の小宮山栄一(菅裕輔)が警視庁の警備部を訪れていたことも分かった。

小宮山も動きだしていたのだった。

加賀美は、トキサシミンの量から考えると、まだビル1つを倒壊させられる量の爆弾があることを予想した。

さらに、その爆弾を使って篠田が何かしようとしていることが考えられた。

その状況をみて井沢は、『篠田を捕まえるよ。そして、全てを終わらせる』と宣言した。

井沢は小宮山の元へ

その後、井沢は秘書課の小宮山の元を訪れた。

井沢の姿を見ると、小宮山は篠田から井沢が調べに来ると連絡があったことを話した。

そして、小宮山は『私は、ミハンを支持している1人です』と、井沢に言った。

井沢は小宮山に『篠田は何をやろうとしている?』と、単刀直入に聞いた。

それに対して、篠田からメッセージを預かっていると小宮山は答えた。

その篠田からのメッセージとは、『未完成なんですよ、僕の夢は。完成させる。そして、あなたの夢も叶えてあげる』であった。

篠田の計画

その後、加賀美の調べにより小宮山が警備部を訪れた後にかけた電話の着信エリアに里谷がいたことが分かった。

小宮山は自身が掴んだ情報を里谷に伝えていたのだ。

井沢は、篠田がミハンの為に何か事を起こすと考えた。

そしてさらに井沢は、篠田が残された爆弾を使って、当初失敗に終わった計画をやり遂げようとしているのではないかと予想した。

そこで、考えられたのが、ミハン法制化の大きな壁の一つと言われた南雲元総理(浜田晃)の暗殺だった。

おそらく小宮山は、南雲元総理の警護状況を知るために警備部を訪れていたのだった。

加賀美はすぐに南雲元総理の居場所を調べた。

その結果、南雲元総理は医師の益子博文(近江谷太郎)による手術が始まったばかりであることが分かった。

そして、その病院に爆弾が仕掛けられていると考えられた。

直ぐに病院に連絡し、患者の避難とSATによる爆弾の捜索が始まった。

避難命令を出された益子医師は、今手術を止めたら患者の命に関わるため、手術を止めることはできないと言った。

病院内はパニック陥っていた。

加賀美が、今朝方存在しない業者が病院の電源盤の修理に入っていたことを突き止めた。

SATと共に井沢、山内、吉岡が電源盤のある病院の地下を捜索した。

そして、山内が電源盤に爆弾が仕掛けられていたのを発見した。

すぐにSATが爆弾処理を開始したが、複雑にトラップが仕掛けられていて解除するまでは3時間かかることが分かった。

爆弾を止めるには、篠田が持っている起爆装置を奪うしかなかった。

そこで、井沢は篠田の言葉を思い出していた。

■犯罪がなくなればどれだけ良いかと井沢に話していたこと
■篠田が犯罪を心から憎んでいたこと
■自分の夢は未完成だとメッセージを残していたこと

これらのことから、井沢は篠田の居場所を思いついた。

そして、井沢は『始まりの場所だ。篠田はそこですべてを終わらせるつもりだ』と言った。

その頃、加賀美はミハンシステムを眺めたあと、ミハンルームから出ていった。

篠田の元へ向かう井沢

井沢は山内、吉岡と共にトラックで篠田の元へ向かっていた。

その時、里谷の乗り込む車が無理やりトラックに突っ込んできた。

後方も里谷の仲間の車によって挟まれ、ミハンのトラックは身動きが取れなくなった。

トラックを降りた井沢たちに、里谷は『ここから先に通すわけにはいかない』と告げた。

井沢は里谷になぜ篠田に手を貸すのか尋ねた。

すると里谷は、『長年、紛争地を渡り歩いてきた。でも何も変わらない。公安の曽根崎(浜田学)が、架空テロに協力しろと持ち掛けてきた。その頃、篠田とも出会った。篠田の歩んできた人生を聞いて、賭けてみたくなった。自分でも愚かだと思ったが、そういうのも悪くない』と答えた。

そして、井沢と里谷がつかみ合いとなり、山内と吉岡も里谷の仲間たちと格闘となった。

しかし、里谷ともみ合う井沢の前に山内が立ちはだかり、山内は井沢に『先に行ってください』と井沢を篠田の元へ向かわせた。

吉岡は井沢を1人で行かせて良かったのかと山内に聞くと、山内は井沢を信じていると答えた。

井沢が篠田の元へ到着

井沢は、26年前に篠田の父親が神経ガスをまいた映画館に到着した。

そこには篠田が1人で座席に座っていて、スクリーンには古い洋画が流れていた。

篠田は、26年前に死んでいたらと何度も思ったが、ミハンの存在を知り生きる意味を見つけたのだと井沢に話し始めた。

そして、近づこうとする井沢に向かって、それ以上近づいたら起爆装置を押すと言った。

井沢も同じ世界の人間であると狂ったように話す篠田の言葉を遮って、井沢はなぜ香坂を殺したのか問い詰めた。

すると、篠田は香坂のことを、『ぬくぬく守られて生きてきて、加害者家族の救済!笑わせてくれる。本当の絶望を知らない。だから、希望が描けない』と言い放った。

香坂と篠田が東京貿易センタービルの地下で対面した時、香坂は26年前に篠田を救えなかったことを謝罪したうえで、篠田のやっていることは間違っていると指摘していた。

それに対し、篠田は悲劇が起きて初めて日本は対策に乗り出すのだから、悲劇が起きた後にミハンを法制化に導いて欲しいと香坂に言ったのだった。

そして、篠田が持っていた爆弾の遠隔爆破装置を香坂が奪おうとし、落ちた爆破装置を香坂が撃って壊すと同時に、篠田が香坂を撃っていた。

井沢が香坂の死の真相を知った頃、劣勢となっていた山内と吉岡の元に小田切が加わっていた。

3人は、一丸となって里谷に向かっていった。

妻子の死の真相を知る井沢

篠田は井沢に『聞きたいことがあるんだろ』と言った。

井沢は妻子の血の付いたナイフが送られてきたことを篠田に言うと、篠田はプレゼントだと答えた。

そして、篠田は自分が井沢の妻子を殺害したと告白した。

ミハンが行ったテストケースの冤罪事件の真実を元監察官だった井沢の妻が知り、元警察庁次長の町田(中村育二)が口封じのために井沢の妻を殺すよう宇佐美に命令したのだった。

そのことを小宮山からきいた篠田は、井沢の妻が井沢に話してしまう前に説得しようと井沢の妻に会いに行った。

しかし、井沢の妻は隠蔽は出来ないと拒否したので、殺害したのだった。

篠田は井沢を挑発するように『簡単でしたよ』と言った。

井沢は気持ちを抑えきれずに、篠田に銃を向けたが思いとどまった。

さらに篠田は、『娘さん最後にこう言ってたよ。助けて、助けて、お父さん。って』と言って、笑った。

再び篠田に銃を向ける井沢に、篠田は『撃て!そしたら僕を止められる。お前の復讐も解決する』と言った。

その時、山内、吉岡、小田切の3人が映画館に到着した。

そして、井沢は篠田に向けてではなく、天井に向けて銃を撃った。

井沢は篠田に『どうしてミハンは今頃になって、初めて君を探知したのか。どうして君は心にもないことを言って僕に殺させようとしているのか』と言った。

続けて井沢は、篠田が最初から爆破するつもりはなく、テロをミハンが探知して防ぐと言う事実を作るためだけに動いていた、犯罪を憎みこの世から無くしたいという思いは一緒だと、篠田に話した。

最後に、井沢は篠田に『だから僕は君を許す』と言った。

すると篠田はその場に倒れこんで、『僕を殺していい、僕はそれだけのことをことをやった。頼む。僕は罰を受けなければならない』と言った。

篠田は諏訪に撃たれた傷から血が滲んでおり、立つことができなった。

その時、篠田の傍に加賀美がやってきて『もういい。もう終わったんだよ』と言って、篠田を強く抱きしめた。

その瞬間、篠田の手から力が抜け、篠田は息を引き取った。

篠田の手紙

その後、ミハンルームに戻った小田切の元に山内が来て、篠田の上着に入っていた映画のチラシを渡した。

チラシの裏には、篠田の小田切へ想いが書かれていた。

篠田は映画館ですでに諏訪に撃たれた傷から血を滲ませながら、小田切に手紙を書いていたのだった。

手紙には、篠田が小田切を騙したことを謝罪し、『あなたへの想いに嘘はありません。あなたのことが好きでした』と書かれていた。

それを読んだ小田切は涙が止まらず、号泣した。

関係者のその後

加賀美は篠田に救われた1人である北見俊哉(上杉柊平)に、篠田の死を伝えた。

北見はそれを聞いて『報われると良いな。彼の想い』と呟いた。

ニュースでは、南雲元総理の手術が無事終わたことと、テロに警察の一部の人が関わっていたことが報じられていた。

その頃、曽根崎の元には、早川と門田駿(粗品)が里谷の自供により、曽根崎を逮捕しに来ていた。

早川は門田に手錠を渡すと、門田は『警察官として最後の仕事です』と言って、曽根崎に手錠をかけた。

その後、門田は早川に礼を言い、門田の今後を心配する早川に笑顔で『うるせーよ』と言って、頭を下げた。

別の日、井沢が自宅の鍵を開けようとした時、ミハンメンバーが井沢の元へやってきた。

山内が『ミハン再始動が決定。そのお祝い』と言った。

そして、井沢の家でみんなで鍋を囲み、南雲元総理がミハンに前向きであること、ミハンが法制化されることへの期待などを話したのだった。

食事後、井沢の家に妻子の遺影がないことを山内が尋ねると、井沢は『受け入れたくなかったのかな。死んだことを』と答えた。

そんな井沢に対し、山内は『きっと心配していますよ。そろそろ解放してあげたらどうですか?』と言った。

そして、別の日の朝。

井沢は『止めに行ってくるよ。これから起こる犯罪を』と、妻子の写真に告げて家を出ていった。

【11話まとめ・判明したこと】

篠田と宇佐美は同じ児童養護施設で過ごしていた

井沢の妻子を殺害したのは篠田だった

篠田は本当にテロを起こすつもりはなく、全てはミハンの法制化の為だけに行動していた

篠田は小田切のことが好きだった

\過去の『絶対零度』シリーズも全て見放題/

\無料期間内に解約すれば完全無料♪/

https://oricoma.com/drama/20388

https://oricoma.com/drama/22888

https://oricoma.com/drama/23556

https://oricoma.com/drama/23773

https://oricoma.com/drama/23937

https://oricoma.com/drama/24162

https://oricoma.com/drama/24518/

【絶対零度】岡村隆史(ナイナイ)出演シーンの動画!初回1話の序盤でシークレット出演2020年1月6日(月)から、フジテレビで月9ドラマ『絶対零度~未然犯罪潜入捜査~』の放送が始まりました。 シリーズの第4作であり、主...
絶対零度シーズン4(2020)動画を無料で見る方法!全話の見逃し配信をフル視聴【シーズン4・月9ドラマ】2020年1月6日(月)からフジテレビ系列の月9ドラマ『絶対零度~未然犯罪潜入捜査~』の放送が始まりました。 今回は、2020年放送の...
Sponsored Link
error: