ドラマ

【アライブ】最終回(11話)ネタバレあらすじ!心は腫瘍内科医となり、薫も外科医として復活!

今回は、2020年3月19日放送のドラマ『アライブ がん専門医のカルテ』第11話のネタバレあらすじについてまとめました。

【アライブ】最終回(11話)ネタバレあらすじ

薫は仕事を続けることに

がん再発を告白した梶山薫(木村佳乃)の検査が、再度、恩田心(松下奈緒)の立ち合いの元で行われた。

その結果、脊椎への再発が見つかり、手術は難しい状況だった。

薫は治療しながら仕事を続けたいことや、外科医としての仕事が自分の一部なのだと心に話していた。

その為、心は、薫についてのカンファレンスにおいて、薫の病状を上手くコントロールできるようにサポートをしていくと他の医師に話していた。

カンファレンス後、心は部長の阿久津晃(木下ほうか)に呼び止められ、国立がん医療センターから心の移籍を催促されていると告げられた。

そして、阿久津は心に国立がん医療センターに移る決断ができたか尋ねたが、心はまだ決断できないと答えた。

そんな心に、阿久津は、これからの医療や患者ことを考えて、横浜みなと総合病院を巣立つべきであり、いつかまた戻ってきてほしいと話した。

抗がん剤治療を受ける薫

化学療法室で治療を受けていた佐倉莉子(小川沙良)の隣の席に薫が来て、佐倉は驚いた。

薫は佐倉にがんが再発したことを告白した。

すると、佐倉は雑誌「NOT ALONE」の取材を薫に申し込んだ。

佐倉は「NOT ALONE」の編集を手伝っていたのだった。

その2人の様子を、1人の女性が見ていた。

手術を控えた橘千寿子

心が担当する食道がん患者・橘千寿子(三田寛子)の病室で治療の説明をしている所に、薫がやってきた。

心は、千寿子に薫のことを執刀医だと紹介した。

千寿子は、化学療法室で薫が佐倉と話しているのを見ていた女性だった。

薫が千寿子に、抗がん剤治療をしながら仕事を続けていることを話すと、千寿子は複雑な表情を浮かべた。

そして、千寿子は『素敵ですね。本当に素敵だと思う』と薫に向かって言った。

それを聞いて安心した薫が手術の日程を告げると、千寿子は手術を遅らせて欲しいと申し出た。

千寿子の病室を出た薫と心だったが、薫が髪に手をやると多くの毛が抜けた。

薫は『ついに来た』と言って、売店へバリカンを買いに行った。

その後の千寿子のカンファレンスにおいて、頭を刈り、帽子をかぶった姿で医師たちの前に立つ薫の姿があった。

その姿を見て、腫瘍内科医の光野守男(藤井隆)は『かっこいいね』と心に言った。

薫が千寿子の娘と対面

その後、化学療法室で治療を受ける薫と千寿子に付き添ってきた千寿子の娘・麗奈(佐津川愛美)が対面した。

千寿子はそこで初めて麗奈に、結婚式に間に合うように手術の日程を遅らせてもらっていることを話した。

それを聞いて、麗奈は驚いた。

麗奈が化学療法室を出て行ってから、千寿子は麗奈の行事ごとには参加したことがなかったので、結婚式は予定通りあげさせてあげたいと思っていることを告白した。

そして、千寿子は麗奈のウエディングドレス姿の写真を薫に見せた。

その頃、麗奈は心の元へ行き、千寿子の手術を遅らせないで欲しいと頼み込んでいた。

麗奈は千寿子の命が何よりも大切だと言い、さらに、体調が万全ではない薫の手術で大丈夫なのか心配した。

そんな麗奈に対して、心は薫は千寿子の手術の適任だと答えた。

心の決断

その後、心は薫の血液検査の結果を見て、思ったより抗がん剤治療の効果は出ていないことを感じていた。

そして、心は化学療法室へ向かった。

そこで心は治療を受けながら痛がる薫の姿を見てしまったが、心の存在に気が付くと薫は痛くないふりをしたのだった。

また、千寿子の診察の時、心は千寿子から麗奈の結婚式が延期になったことと、手術は薫にお願いしたいと告げられた。

心は薫の元へ向かった。

そして、心は薫に今回のオペは下りるように告げた。

心は『痛むよね、今の状態でメスを握らせるわけにはいかない』と、薫に話した。

薫は『言いにくいことを言わせてごめんね』と心に言った。

心は医局を出て、涙ぐみながら病院の廊下を歩いていた。

薫は、自分の机の上の手術の資料を片付けた。

患者の生きがい

帰宅後、元気のない心に義父の京太郎(北大路欣也)が何かあったのか尋ねると、心は『大切な人の生きがいを奪ったんです』と答えた。

それを聞いていた息子の漣(桑名愛斗)に生きがいとは何か聞かれた京太郎は、『自分が幸せですと実感させてくれる大切な存在のこと』と答えるのであった。

そして、千寿子の手術当日を迎えた。

手術中、千寿子の病室では、千寿子が麗奈のウエディングドレス姿の写真を大切にしまっていたことに麗奈が気が付き、涙を流していた。

そこに心が入ってきて、麗奈は千寿子に嘘をついていることを心に告白した。

実は、麗奈の結婚はすでに破談となっていたのだが、病気の千寿子に麗奈は本当のことを言えなかった。

心は麗奈の気持ちを千寿子はきっと分かってくれると答えたが、麗奈は『私の結婚式を生きがいに頑張っているのに』と話すのだった。

薫の急変

千寿子の手術を医局のモニターで見ていた薫は、手術が終了したことを確認して席を立つときに痛みを感じていた。

一方、手術室から戻ってきた千寿子に麗奈は『おかえり』といって、千寿子の手を握った。

そして、麗奈は心にお礼を言い、薫にもよろしく伝えて欲しいと頼んだ。

心は千寿子の病室を出て、薫のいる医局へと向かった。

医局で痛がりながら倒れている薫を心が発見し、急いで薫を手術室へと運んだ。

薫は、抗がん剤による効果が乏しかったため、骨転移による不全麻痺を起こしていて、今後は放射線治療も加えて行うこととなった。

その後、腫瘍内科の医局では研修医の結城涼(清原翔)夏樹奈海(岡崎紗絵)が薫の外科医としての今後を話していた。

結城は自分の進路も分からないのに薫の今後は分からないと言い、夏樹も小児科しか考えていなかったのに迷っていると、2人とも今後どの科に進むかを迷っていた。

夏樹の手元には「NOT ALONE」があり、そこには『再発しても、変わらぬ自分で』と書かれた薫の記事が載っていた。

薫は心の移籍の話を知る

術後、動けるようになった薫は消化器外科を車いすで訪れたが、上司に体のことを一番に考え、薫は優秀だからどの科でも活躍できる、焦らないでじっくり先のことを考えるようにと言われた。

一方、心は阿久津に国立がん医療センターに行くことはできないと話すと、阿久津は薫がいるからではないかと尋ねてきた。

それに対し、心は薫の治療に向き合いたいと答えたが、阿久津はまだ結論付けなくて良い、待ってもらえるように聞いてみると告げた。

その頃、薫は他のスタッフから、心が国立がん医療センターから声がかかったが、断っていたことを知らされた。

その後、翌日退院を控えた千寿子は麗奈の破談を知りショックだったこと、自分のせいで破談になったのではないかと思ったことを心に打ち明けた。

しかし千寿子は、薫が車椅子で毎日顔を出してくれて元気になったのだと言い、病気でも人を元気づけられるのだと思ったと話した。

それを聞いて心は薫の病室を訪れた。

薫は翌日退する千寿子のことが羨ましいと言って泣きだした。

そして、薫は心に『そばに居て、今だけでいいから』と言った。

須藤が心の元へ

ある日、「NOT ALONE」の記事を読んだ須藤進(田辺誠一)が心を訪ねてきた。

そして、心が薫に須藤が来ていることを伝えたが、薫は須藤と会わない選択をした。

須藤が薫は大丈夫かと心に尋ねたら、心は彼女なりに前を向いて頑張っていることろだと答えた。

そして、心は薫が『ありがとう』と須藤への伝言を頼んだことを明かし、帰ろうとした須藤にこの後薫のリハビリが行われることを伝えた。

須藤はリハビリ室での薫の姿を、部屋の外から見ることができた。

明るく子供たちに接する薫を見て、須藤は涙をこらえて去って行った。

別の日、京太郎と漣がお弁当を持って薫の病室を訪れた。

京太郎は、薫が心にとって特別な存在であり、薫がいたから心は辛い時期を乗り越えられたのだと薫に話した。

そして、京太郎が『ありがとう』と言うと、漣も薫に『ありがとう』と伝えた。

それを聞いて、薫は涙を流していた。

薫と心の想い

腫瘍内科の医局では阿久津が心に、何度もお願いしたが国立がん医療センターが今にでも人手が欲しいと言っていることを告げ、心は『分かりました』と答えた。

その時、心の携帯電話が鳴った。

薫が心を呼び出したのだった。

薫は心に『なんで断ったの?がん医療センターからの誘い。私の為?』と聞いた。

心は『違うよ』と答えたが、薫は『断ったって聞いたとき、正直嬉しかったし、ほっとした。でも、大丈夫。今はそんなこと思ってない』と続けた。

それに対し、心は『ごめんね。私、行くんだ』と答えた。

心は薫の治療が落ち着くまで、移籍を待って欲しいと国立がん医療センターに頼み込んでいた。

それを聞いて薫は、『心先生、ありがとう』と言った。

心は『私ね、いつか新薬を開発したいと思っている。この国に500万以上いるがん患者の為に。薫先生の為にも』と話した。

それを聞いて、薫は大きく両手を広げ深呼吸し、心も続いて深呼吸した。

春を迎えて

桜の花びらが舞う頃、夏樹は腫瘍内科医として診察を、結城は消化器外科の医師として手術を行っていた。

また、佐倉は「NOT ALONE」の編集者として、がん患者に取材をしていた。

その後、佐倉は結城と待ち合わせをしていて、2人は手をつないで歩いて行った。

一方、阿久津は、国立がん医療センターの医師に心の移籍を秋口まで待ってもらえないかと頭を下げていた。

さらに、横浜みなと総合病院では、光野が医療スタッフにがん治療におけるチームの大切さを説いていた。

また、京太郎も脚本家としての仕事がうまくいっている様子だった。

そして、3年後。

国立がん医療センターの腫瘍内科医として、心はがん研究に力を注いでいた。

そして心は、シンポジウムの壇上から、多くの人に以下のように話をしていた。

『がんになったからと言って、人生をあきらめる必要はない。医療は日々進歩している。がんは共存できる病気である』と。

一方、薫は再び外科医として、患者の手術を執刀していた。

ある日、心は患者のMRI画像を見て、『消えてる』と呟いた。

そして、心は薫の元へ急いだ。

心は『薫先生』と声をかけ、後ろの隠していた花束を薫に見せた。

それを見た薫は満面の笑みを浮かべるのだった。

【アライブ】最終回(11話)まとめ・判明したこと

研修医だった夏樹は腫瘍内科に、結城は消化器外科に進んだ

3年後、心は国立がん医療センターの腫瘍内科医となっていて、薫も外科医として復活していた

薫のがんは根治した

\1ヶ月間の無料体験できます♪/

\無料期間内に解約すれば完全無料♪/

https://oricoma.com/drama/23229/

https://oricoma.com/drama/23615/

https://oricoma.com/drama/23906/

https://oricoma.com/drama/24025/

https://oricoma.com/drama/24364/

https://oricoma.com/drama/24588/

Sponsored Link
error: