ドラマ

【テセウスの船】最終回(10話)ネタバレあらすじ!ついに黒幕が判明するが…

今回は、2020年3月22日放送の『テセウスの船』第10話(最終回)のネタバレあらすじについてまとめました。

【テセウスの船】最終回(10話)ネタバレあらすじ

逮捕された文吾

駐在所のワープロから、今まで音臼村で起こったすべての事件をほのめかす日記が見つかった。

その日記のとおり佐野家の庭から青酸カリが見つかり、文吾(鈴木亮平)馬渕(小籔千豊)に逮捕された。

文吾は馬渕に、すべての事件の犯人はみきお(柴崎楓雅)で、その共犯者に拉致されたことを訴えた。

しかし馬渕は、文吾が拉致されていた小屋を調べても、なんの痕跡もなかったという。

一方、心(竹内涼真)は森刑事に、真犯人は和子たちを拉致した者だと訴えていた。

でも森刑事は『みきおの意識が戻ったので事情聴取すれば何もかもわかる』と言い、相手にしてくれなかった。

そこで心は、みきおから共犯者を聞き出すため病院へ走った。

心がみきおの病室に入ろうとすると、鬼のような形相のさつき(麻生祐未)が現れ『みきおくんに2度と近づかないで』と阻止された。

みきおは記憶を失ったから話しても無駄だというのだ。

さつきは『子どもの未来を奪う奴は死刑でもなんでもなればいい!』と心を突き飛ばすと、病室の中に入り鍵をかけた。

さつきはみきおを抱きしめると『大丈夫よ』と頭を撫でた。

そんなさつきに、校長の石坂(笹野高史)は『あんな想いは2度としたくないですからなぁ』と言うのだった。

その頃、文吾は留置場で、誰かから差し入れの本を受け取っていた。

文吾は、本をパラパラめくると、何かに気づき表情を変えるのだった。

犯行を認める文吾

翌日、和子(榮倉奈々)と心が面会に行くと、文吾は別人のように思いつめた顔をしていた。

必ず犯人を突き止めるという心に、文吾は突然『犯人は俺だ』と言い出した。

驚く心と和子に、文吾は『これ以上何も話すことはない。家族との縁も切る』というとその場を後にした。

面会室を出た和子は、待っていた鈴(白鳥玉季)慎吾(番家天嵩)を抱きしめた。

いきなり泣き出す和子を見て、鈴と慎吾は戸惑うのだった。

心たちが家に戻ると、家の前にはマスコミが押し寄せていた。

するとそこに、村人の井沢(六平直哉)徳本(今野浩喜)が現れ、殺虫剤でマスコミを追い払ってくれた。

駐在所に入ると、井沢は和子に『もうこの村にいない方がいい』と和子の実家に帰ることを勧めるのだった。

逃げたくない

翌朝、文吾を心配する鈴に、和子は『いいから早くご飯を食べなさい!』とイライラをぶつけてしまった。

そんな和子を見て、鈴は和子が止めるのも聞かず、慎吾と学校へ行ってしまった。

すると放課後、鈴と慎吾は先生に付き添われ、泥だらけで家に帰ってきた。

慎吾がクラスの子と言い合いになり、止めに入った鈴もケンカになったというのだ。

それを聞いた和子は、仙台のおばあちゃんの家に行こうと鈴たちに言った。

しかし鈴は『お母さんはお父さんを信じてないの?私はこの前信じてなくて、すっごい後悔した。だからもう逃げたくない!』と和子に訴えた。

鈴は、ワープロの文字なんて誰が打ったって同じだから、本当に文吾が書いたかわからないというのだ。

それを聞き、心はタイムカプセルに文吾が書いた手紙が入っていることを思い出した。

心たちは何か手がかりがあるかもしれないと、タイムカプセルを掘り起こすことにした。

心は庭から缶を掘り出すと、文吾の手紙を見つけた。

中には、30年後の鈴と慎吾に向けられた愛情いっぱいのメッセージが綴られていた。

それを読んで、和子たちは笑顔を取り戻し、文吾が犯人ではないと確信した。

和子はこの家で、文吾の帰りを待つことにするのだった。

みきおの自白

その夜、心はみきおから話を聞くため、再び病院に忍び込んだ。

すると『みきおがいない!』と半狂乱になったさつきが騒いでいる声がした。

その隙に心が病室に入ると、ベッドの下に折りたたまれた紙が落ちていた。

そこには、血のついたナイフと『The END』という文字が大きく書かれていた。

それを見た心は、慌てて音臼小に向かった。

学校につくと、1箇所だけ教室に明かりが灯っていた。

心が多目的室に行くと、みきおが心が来るのを待っていた。

やはりみきおは記憶を失っていなかったのだ。

心が共犯者は誰か尋ねると、みきおは『そんなの自分には関係ない』と突っぱねた。

しかし文吾が捕まり鈴がいじめられていると知り、みきおは考えが変わったという。

みきおは転校してきたばかりの時、いじめられていた。

そんなみきおを助けてくれたのは、鈴だった。

それでみきおは、鈴の正義の味方になり、ずっとそばで守ると決めたのだ。

しかし、鈴は文吾みたいな人が好きだという。

それでみきおは、正義の味方は2人もいらないと、音臼小事件を企て、文吾を悪者にしようとしたのだ。

みきおは、そのために三島千夏ちゃんに薬を飲ませ実験したこと、鈴をいじめた明音を翼(竜星涼)に殺させようとしたこと、田中義男(仲本工事)を殺したことを明かすと、『僕だけが鈴ちゃんのヒーローになる完璧な計画だったんだ』と言った。

みきおは『でも、作戦変更!今、鈴ちゃんが1番喜ぶのは、佐野文吾を無罪にしてあげること』と言うと、録音中のボイスレコーダーを机の上に置いた。

そしてみきおは液体の入った小瓶を取り出すと、『ジ・エンド〜!!!!』と叫び、液体を飲んだ。

心はそれを止めようとしたが間に合わず、みきおは救急車で病院に運ばれた。

文吾に恨みをもつ者とは…

みきおの自白を聞いた馬渕は、文吾を釈放した。

文吾は家に帰ると『悪かった!』と和子に土下座した。

文吾は、差し入れの本に犯人からのメッセージが仕込まれていて、罪を認めないと家族を皆殺しにすると書かれていたというのだ。

それを聞いた和子は『一瞬でも疑ってごめん!』と文吾に土下座した。

そんな2人に、心は文吾が無事に帰ってきて本当によかったと言うのだった。

その後、心と文吾は、誰が文吾に恨みをもっているのか考えた。

手がかりは犯人がわざわざ送ってきた12年前の村祭のチラシだけ。

すると文吾は、きのこ汁に間違って毒きのこを入れてしまったのは、田中義男の奥さん、つまり正志(せいや)の母親だったことを思い出した。

文吾は事故として処理しようとしたのだが、ちょうどその頃、議員に立候補しようとしていた義男は、不安を残したくないと調べさせたのだ。

その後、義男は妻の罪をもみ消そうとしたができなかった。

しかし、そのことで文吾を死刑にしたいと思うほど、正志が恨みをもっているとは思えなかった。

文吾は、他にも忘れていることがあるかもしれないと、古い駐在日誌を調べることにした。

石坂校長、いなくなる

翌日、文吾は村祭りに、石坂校長の当時18歳の息子がケンカに巻き込まれ、軽いケガをしたことを思い出した。

その頃、石坂は、意識不明のみきおの病室にいた。

悲痛な顔でみきおの手を握るさつきに、石坂は、さつきが高1の時に妊娠して相談を受けたとき、さつきの気持ちも考えず中絶させたことを謝った。

さつきが異常なまでに子どもを傷つけられるのを嫌がるのは、そういった過去があったからだったのだ。

一方、心と文吾は、井沢に石坂校長の息子について尋ねていた。

すると石坂の息子は10年以上会った人がおらず、生死もわからないという。

2人は石坂に話を聞くため、校長室に向かったが留守だった。

中に入ると、机の上には真っ黒に塗られた紙がたくさんあった。

心が日の光に透かしてみると、親子の絵が浮かび上がった。

文吾は机の引き出しから、石坂がいつも鉛筆を削っているナイフがなくなっているのに気づくと、慌てて石坂を捜して回った。

その夜、心が先に家に戻ってくると、駐在所の入り口に文吾宛ての封筒が挟まっていた。

心が中を見ると、未来ノートをコピーしたものと、『警官家族3人、惨殺される。死亡日は3月19日』という犯人手製の予告記事が入っていた。

心は『皆殺しが嫌なら1人で来い。音臼神社 明朝8時』というメッセージを見ると、文吾には内緒で行くことにするのだった。

帰ってきた石坂

翌朝、心は誰にも見つからぬようこっそり家を出た。

書き置きを見た和子は、慌てて文吾に心がいないことを伝えた。

するとそこに、心と特徴がよく似た男性が倒れていると通報があったと警察から無線が入った。

文吾はパトカーで向かおうとするが、タイヤがパンクしていた。

そこで文吾は走ってその場所へ向かった。

すると駐在所に突然石坂がやってきて、和子は驚いた。

石坂は息子に子どもが産まれたと聞き、確執があり長年会っていなかった息子に会いにいっていたのだ。

石坂は、心と文吾が本当の親子のように、疑ったり傷つけ合ったりしても最後は信じて支え合う姿を見ていたら、自分ももう1度息子と家族になりたいと思ったというのだ。

石坂は息子に謝り仲直りしたことを和子に明かすと、微笑んだ。

石坂が孫にあげた絵は、もう黒く塗りつぶされてはいなかった。

ついに真犯人が判明!

その頃、文吾は通報のあった音臼岳の風力計のある山小屋にいた。

文吾は心の名前を呼び、辺りを探したが、誰もいなかった。

すると突然、文吾は背後から何者かにナイフで刺された。 

文吾が振り返ると、そこにいたのは正志だった。

文吾は苦痛に顔を歪めながら、『お前だったのか…なんで俺のことをそんなに恨むんだ』と尋ねた。

すると正志は『正義の味方が聞いてあきれる。他人の人生踏みにじっといてまるで覚えていない』と文吾を睨みつけた。

正志によると、正志の母は、12年前の村祭で毒きのこを入れた罪で逮捕され、さんざん苦労した挙げ句に体を壊し亡くなったという。

そして、当時小学生だった正志の妹は、どこに行っても殺人犯の子どもといじめられ自殺したというのだ。

正志は、父の看病のため久しぶりに村に帰ってきたときに、文吾に『家族は大事にしないとな』と何も知らず笑顔で言われたことが許せなかった。

それで正志は、自分たち家族を壊した文吾とその家族を、同じような目に合わせようと、文吾を死刑にすることにこだわったのだ。

正志はナイフで文吾に襲いかかると、馬乗りになり『心を殺した』と言った。

すると文吾は我を失い、正志をひっくり返すとナイフを奪い、押さえつけた。

『早く殺せ』と挑発する正志に、文吾はナイフを振りおろそうとした。

しかしすんでのところで思いとどまると、文吾は『お前を殺したら、心さんを裏切ることになる』とナイフを下ろした。

一方、心は音臼神社で犯人を待っていた。

しかし階段下に、村人たちが掃除にやってきて、心は慌てて公衆電話から和子に電話した。

すると文吾は、心みたいな人が倒れてると通報を受け、山小屋に向かったという。

心が走っていくと、正志が文吾の背中に『殺せ!お前を殺人犯にするんだ!』とナイフを手にしがみついていた。

それを見た心は暴れる正志を止めようとした。

すると『ブスッ』と鈍い音がして、心の腹に深々とナイフが突き刺さった。

『心さん!心さん!』文吾は心を抱き起こすと『死んじゃだめだ』と呼びかけた。

しかし心はみんなに出会えたことを感謝するとそのまま息を引き取った。

『おまえは俺の子だ。俺の息子だ』という文吾の言葉を聞きながら…。

30年後

それから30年後。

心は妻の由紀(上野樹里)を連れ、家族と食事をしていた。

そこには、文吾と和子と鈴、慎吾が勢揃いし、幼い頃と変わらぬ賑やかな声が響いていた。

由紀のお腹の中には赤ちゃんがいて、女の子だという。

それを聞いた文吾は『名前は未来と書いて、みくはどうだい?』と心に提案した。

すると心は、自分たちが考えていた名前と同じだとびっくりした。

文吾は、タイムカプセルに入っていた心さんの結婚指輪をポケットから取り出すと見つめた。

目の前にいるのは、家族の未来を変えようと戦った心ではない。

けれども、あの時お腹の中にいた心は、心さんと同じように由紀と結婚し、新しい命が誕生しようとしていた。 

文吾はみんなの笑顔を見つめると、結婚指輪をしまった。

どんなに時が経って姿が変わろうとも、『俺たちはいつまでも家族だ』。

そう思いながら…。

最終回(10話)まとめ・判明したこと

みきおは、鈴のことが好きだった

だが鈴は、文吾のような人が好きだと言っていた。それでみきおは、正義の味方は2人もいらないと、文吾を排除するため音臼小事件を企てた

みきおは、鈴が学校でいじめられていると聞き、文吾を無罪にするため自白した

12年前の村祭で、誤って毒きのこを入れてしまったのは、正志の母だった。母は逮捕され、正志と妹は殺人犯の子どもといじめられ、妹は自殺した

そんなことは知らず、『家族は大事にしないとな』とのんきに笑う文吾を見て、正志の怒りは爆発。正志はみきおの計画を利用し、文吾を死刑にしようとした

\2週間の無料体験できます♪/

\無料期間内に解約すれば完全無料♪/

https://oricoma.com/drama/23475/

https://oricoma.com/drama/23724/

https://oricoma.com/drama/23864/

https://oricoma.com/drama/24107/

https://oricoma.com/drama/24482/

https://oricoma.com/drama/24656/

Sponsored Link
error: