人物

篠原涼子と市川正親の離婚理由は別居やすれ違いだった!

2021年7月24日、篠原涼子さんと市川正親(まさちか)さんの離婚が発表されました。

今回は、篠原涼子さんと市川正親さんの離婚理由についてまとめました。

篠原涼子と市川正親が離婚

2021年7月24日、篠原涼子さんと市川正親さんが連名で離婚を発表しました。

2005年に結婚した2人の間には、2人の息子がいます。

親権は父親の市川正親さんが持ち、慰謝料や財産分与はない円満離婚だと発表されています。

篠原涼子と市川正親の離婚理由

そんな2人の離婚理由について、市川正親さんは以下のコメントを出しています。

昨年のコロナによって撮影中は家庭内感染を防ぐ事からも、別居し役者業に取り組む生活をするようになりました。しかし作品が続いたことで別居が基本のスタイルとなり、夫婦、親、互いに役者として、新たなカタチを考えるようになりました。

コロナの感染防止やお互いの多忙により、いつしかすれ違いが生じてしまったようですね。

また親権について、お互いにコメントを出しています。

市川正親のコメント

「人生の先輩である私の強い希望で、親権は私が持つことを受け入れてくれました。これからはそれぞれ役者として、親として、新たなカタチのパートナーとなり、子どもを支えていきたいと思います」

篠原涼子のコメント

「親権に関しましては父の背中を見せて育てていきたいとの市村氏の希望と父のようにたくましく育って欲しいとの私の願いが一致し市村氏が持つことを子どもたちとも話をしまして決定致しました」

ネットの声

error: