気になる人

【マツコの知らない世界】ゆで卵の作り方のオススメを紹介!小林真作さん直伝!

Sponsored Link

2019年6月11日放送の『マツコの知らない世界』で『たまごのソムリエ』小林真作さんが出演されることが分かりました。

小林真作さんは15年間毎日10個以上の卵を食べている卵の専門家です。

今回は、小林真作さんのプロフィールをご紹介するとともに、小林真作さん直伝のゆで卵の作り方をご紹介いたします。

Sponsored Link

小林真作が『マツコの知らない世界』に出演

小林真作さんは『株式会社 小林ゴールドエッグ』の3代目代表取締役社長です。

徳島県出身で名古屋大大学院終了後、食品メーカーで商品開発を担当しました。

そして、2004年に現在の会社の代表取締役社長に就任しました。

社長になってから現在までの15年間、毎日10個以上のたまごを食べ続けています。

その数なんと5500個以上!

それだけずっと卵のことばかり考え続けていたため、いつの間にか『たまごのソムリエ』と言われるようになったそうです。

株式会社 小林ゴールドエッグ
〒779-3117 徳島県徳島市国府町日開113番地

小林真作直伝の『ゆで卵の作り方』とは

以下に注意点をまとめました!

1,おしりに少しだけ穴を開ける
(産みたての卵は炭酸ガスが多い、皮がくっついていて剥きにくい。穴を開けてガスを抜く。殻が剥きやすくニオイもなくなる。

2,お湯の高さは18mmくらい

3,沸騰してから卵を入れる

4,卵を入れて最初の90秒は箸でゆっくり回す
(これにより黄身の位置が真ん中になる)

5,90秒たったら蓋をして加熱する

6,茹で時間は半熟の場合6分半、しっとりの場合8分半、固ゆでの場合10分弱

7,時間が来たら10秒以内に氷水でさっと冷やす

Sponsored Link

失敗しない卵の選び方

1,買ってから3日以降の卵を使う
(買ったばかりの卵は炭酸ガスが多く、剥く時にボロボロになりやすい。)

2,卵を常温に戻してから茹でる
(冷たいままだと茹でる時に殻が割れる。)

3,Mサイズの卵を使う
(どのサイズでも黄身の大きさは同じ。Mサイズが一番黄身と白身のバランスがいい。)

Sponsored Link

自分の会社で『ゆでたまご専用たまご』を販売中

小林真作さんはご自身の会社で様々な用途別に最適なゆで卵を販売されています。

たまごかけごはん専用、めだま焼き専用、オムレツ専用などありますが、『たまごかけごはん専用たまご』もありました。

引用:http://www.cgegg.co.jp/products/4029/

20個入りで税込1,880円と送料840円で合計2,720円です。

1個あたり100円以上します!

私がいつもスーパーで買っている卵は1個25円ほどなので、高級なたまごですよね。

しかし、それだけ味に自信があるということなのでしょう。

楽天市場でネット通販されていますので、興味のある方は在庫が無くなる前に注文することをオススメします。

Sponsored Link

まとめ

『マツコの知らない世界』に出演される『たまごのソムリエ』小林真作さん直伝のゆで卵の作り方についてご紹介いたしました。

ひとつひとつ丁寧に作るだけで、ゆで卵でも味がだいぶ違ってきそうですよね。

興味ありましたら、ぜひご紹介した方法でゆで卵を作ってみてください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

Sponsored Link
error: Content is protected !!