気になる人

宮迫博之が会見しない理由の真相は裁判か【引退会見ドタキャンで拒否】

Sponsored Link

2019年7月19日、お笑い芸人の宮迫博之さんが吉本興業から契約解消となりました。

芸能界引退の記者会見が行われるのかと思いましたが、結局、記者会見は開かれませんでした。

どうやら7月19日に引退会見をする予定があったようですが、宮迫博之さんがドタキャンし拒否したようです。

今回は宮迫博之さんが会見しない理由の真相について調査しました。

追記

宮迫博之さんと田村亮さんが2019年7月20日15時、吉本興業を通さずに謝罪会見を開きました。

会見中に、『吉本興業から会見をしたら全員引退だと脅されていた』と語りました。

宮迫博之の引退で違約金や損害賠償金は数十億円か【契約解消】2019年7月19日に雨上がり決死隊の宮迫博之さんが、所属事務所の吉本興業と契約解消したという速報がありました。 前日の2019年7月...
Sponsored Link

宮迫博之が契約解消!引退会見をドタキャン

 吉本興業は19日、特殊詐欺グループとの間で闇営業を行ったとして謹慎処分となっていた、雨上がり決死隊の宮迫博之(49)のマネジメント契約を解消したと発表した。宮迫は一度は引退を申し出て、引退会見の会場まで同社が押さえたが、寸前で自ら「契約解消でいい」と告げたという。今後の会見予定もない。「金銭は受け取ってない」というウソから騒動の傷口が広がり、人気者がタレント生命を失うという最悪の結末を迎えた。

吉本はこの日、午後1時すぎに報道各社に文書を送付。「諸般の事情を考慮し、今後の宮迫博之とのマネジメントの継続に重大な支障が生じたと判断」したとして、19日付での契約解消を報告した。宮迫と同じく進退について同社と話し合いをしていたロンドンブーツ1号2号の田村亮(47)については現行通りの謹慎処分という。

 闇営業問題は6月に発覚。すでに吉本から契約解消されたカラテカ入江慎也(42)の口利きで、14年12月に宮迫や亮ら4人が、特殊詐欺グループの忘年会に参加したことが報じられた。当初はギャラをもらっていないとしていたが、説明が虚偽だったことが判明。宮迫は6月25日に謹慎となった。

 この日発売の写真誌「フライデー」が掲載した、16年に約7億5000万円相当の金塊を強奪した主犯格の被告と宮迫の集合写真について吉本側は「交友関係はなく、問題はない」と判断した。

 では契約解消の判断に至ったのはなぜか。端緒は宮迫と吉本側の信頼関係のほころびだ。そして最終的に、引退の意志を固めていた宮迫が「吉本との決別」という形の決着を選んだという構図が浮かび上がってきた。関係者によると「宮迫と吉本の関係は修復不可能になっていた」と話す。

 テレビ局幹部ら複数の話を総合すると、問題発覚から双方が話し合いを重ねる中で、たびたび引退の意向を切り出しており「周囲の芸人が勧めたとおり、会見したいとの意向も持っていた」という。

 しかし、吉本側では宮迫が虚偽の報告をしたことなどから当初から信頼が揺らいでおり、交渉は物別れが続き、互いに当初から不信感を募らせていた。

 その中で「宮迫さんが弁護士を立てた」とテレビ局幹部は語る。吉本側も弁護人を通じての交渉に切り替えたことで意思疎通がさらに円滑に運ばなくなり、溝を深めることになった。

 芸人と契約書を交わさず信頼関係で築かれていたお笑い界最大の帝国が、弁護士を挟み芸人と向き合うという“らしさ”を失う形に。ダメ押しは19日の幻の会見を巡るすれ違いだ。

 複数の芸人仲間によると、吉本は18日夜、自らが主導し、19日12時から会見を行うべく都内のホテルを押さえた。だが宮迫は18日夜の打ち合わせに現れず。中堅芸人によると、宮迫からは直接電話で「会見はしません。契約解消でいいです」と連絡があったという。

 事情を知る関係者は「宮迫は吉本に信頼がおけない中、会社のセッティングに委ねたくないと思ったのでは」と話す。これを受け吉本は19日朝、弁護士を通じて宮迫に処分を通達。宮迫も受け入れた。

 解雇相当の契約解消となったことで、将来的な吉本への復帰はほぼ断たれ、芸能活動については、これで一度終止符が打たれることになる。「アメトーーク!」など10本のレギュラーを持つ売れっ子にとっては、あまりにも寂しすぎる最後となった。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190720-00000098-spnannex-ent

2019年7月20日の『スポニチアネックス』が報じています。

7月18日(木)には宮迫博之さんから引退の申し出があったとされています。

その申し出を受け、吉本興業は引退会見の会場まで抑えてました。

しかし、寸前で宮迫博之さんが「引退ではなく、契約解消でいい」と言って、会見がドタキャンとなってしまいました。

お笑い芸人仲間のたむらけんじさんや、先輩タレントの坂上忍さんなども「何かしらの記者会見を開いたほうが良いと思う」という趣旨の発言をしていました。

しかし結局は、記者会見もなく、引退ではなく契約解消という有耶無耶の結末になりました。

宮迫博之さんはフライデーが反社会的勢力への闇営業問題を報じてから、契約解消になるまで、一度も真実を話さずに終わりを迎えました。

記者会見を望む声は芸能人からだけではなく、ファンや視聴者からも多数ありました。

『宮迫さんの口から本当のことを知りたい』と願うファンにとっては残念な結果になってしました。

宮迫博之さんが頑なに記者会見をしない理由は何なのでしょうか。

Sponsored Link

宮迫博之が会見をしない理由の真相は

宮迫博之さんが会見をしない理由の真相についてまとめました。

会見をしない理由①吉本興業との信頼関係崩壊

スポニチアネックスが報じた内容によると、宮迫博之が引退会見をしない理由は以下ということです。

事情を知る関係者は「宮迫は吉本に信頼がおけない中、会社のセッティングに委ねたくないと思ったのでは」と話す。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190720-00000098-spnannex-ent

宮迫博之さんが当初、嘘の報告をしたことから、宮迫博之さんと吉本興業はお互いに不信感があったとされています。

最終的には、お互いに弁護士をたて、弁護士を通してやり取りをしています。

そんな中で吉本興業側がセッティングした記者会見に出席すると、全ての責任を自分に押し付けられると思ったのではないでしょうか。

しかし、それならそれで『宮迫博之さんが独自で記者会見を開けば良いのでは?』と思ってしまいますが。

Sponsored Link

会見をしない理由②嘘がバレるのを恐れて

その他に考えられる理由は、宮迫博之さんが今までついていた嘘がバレるからというものです。

宮迫博之さんは、嘘をついていた事実を認めているものの、

  • 営業相手が反社会的勢力だと知らなかった
  • 金塊強盗犯の野口和樹から金銭を受け取っていない

という2点を強く主張しています。

しかし、これだけ嘘をつき続けた宮迫博之さんですから、この主張すら真偽は不明です。

また、闇営業は他にもやっていたという疑惑もあり、さらなる脱税が明らかになる可能性もあります。

つまり、会見を開けばボロが出て、余罪が判明するかもしれません。

結局会見をしなかったことで、この疑惑は更に強まったと言えるでしょう。

Sponsored Link

会見をしない理由③吉本興業との裁判に向けて

その他にも、スポニチアネックスが報じた内容によると、宮迫博之さんと吉本興業はお互いに弁護士を通じてやり取りを行っていたようです。

その中で「宮迫さんが弁護士を立てた」とテレビ局幹部は語る。吉本側も弁護人を通じての交渉に切り替えたことで意思疎通がさらに円滑に運ばなくなり、溝を深めることになった。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190720-00000098-spnannex-ent

弁護士を先に立てたのは宮迫博之さん。

これはつまり、今後、宮迫博之さんが吉本興業を訴える可能性があるということ。

今後の裁判を見据えて、『記者会見を開くのは得策ではない』と弁護士から入れ知恵をされた可能性があります。

最初は自ら引退の申し出をしていたのに、急に契約解消を希望して、会見もドタキャンし拒否したのは何かしらの考えがあったのではないでしょうか。

契約解消したものの、今後も吉本興業と違約金損害賠償金について話し合いは続くものと思われます。

Sponsored Link

ネットの声

Sponsored Link

まとめ

報道によると、宮迫博之さんは『自分は責任をとって引退するから、代わりに後輩芸人を復帰させて欲しい』と語っているようです。

しかしながら、

  • 相方の蛍原徹さんのため
  • 謹慎中の後輩芸人のため
  • テレビ局やスポンサーのため
  • 芸人仲間や共演者のため
  • 詐欺集団の被害者のため
  • お笑い芸人をやっている息子のため
  • 視聴者やファンのため

上記の人達のためにも、何かしらの記者会見はやったほうが良いと思います。

それでも記者会見をやらないというのは、『まだ嘘(余罪)がある』『保身に走った』『逃げた』と思われても仕方ありません。

この問題はまだ解決への道のりは長そうです。

最後までお読みただき、ありがとうございました。

宮迫博之の引退で違約金や損害賠償金は数十億円か【契約解消】2019年7月19日に雨上がり決死隊の宮迫博之さんが、所属事務所の吉本興業と契約解消したという速報がありました。 前日の2019年7月...
Sponsored Link
error: Content is protected !!