テレビ番組

消えた天才の加工前の野球動画と比較!映像加工でやらせ【球速156キロ】

Sponsored Link

2019年9月5日、TBSのテレビ番組『消えた天才』で過去の映像に加工があったことが発覚し、放送休止になっています。

加工前は当時12歳の少年(伊藤栄二さん)が球速130キロのストレートを投げていますが、加工後は球速156キロとなっています。

今回は、問題になっている野球の映像加工を元の加工前の動画と比較検証していきたいと思います。

Sponsored Link

2019年9月5日 『消えた天才』に映像加工が発覚

2019年9月5日、TBSのテレビ番組『消えた天才』で映像加工があり、『捏造(やらせ)』だったことが発表されました。

以下は、番組公式HPに掲載された謝罪文になります。

「消えた天才」からのご報告とお詫び

2019年9月5日

 8月11日放送の「消えた天才」で、リトルリーグ全国大会で全打者三振の完全試合を達成した当時12歳の少年の試合映像を放送した際、映像を早回しすることで実際の投球よりもストレートの球速が速く見える加工を行っていたことがわかりました。
加工が行われたのは、放送した投球シーン全31球のうち7球で、投手がボールをリリースした瞬間からキャッチャーミットに収まるまでの約0.5秒間について、映像のスピードを実際よりも2割程度速くしていました。アスリートの凄さを実際の映像で表現するという番組の根幹をなす部分を加工することは、番組としては絶対にあってはならない手法だと考えております。
取材に協力してくださったご本人及び関係者の方々、そして番組をご覧いただいた視聴者の皆様に深くお詫びいたします。

 また過去の放送で、同様の加工が行われていなかったかどうか調査を行った結果、現時点で8月11日放送分の他に3件あったことが確認されました。内容は以下の通りです。

1.2018年1月3日放送
インターハイ卓球女子シングルスで優勝した女性が現役引退後、29歳になった時に卓球をする映像のスピードを実際よりも2割程度速くしていました。
2.2018年1月3日放送
地方のフィギュアスケート大会で優勝した当時小学生の男子の映像について、スピンのスピードを実際よりも2割程度速くしていました。
3.2018年11月4日放送
元Jリーガーの男性が小学生時代に出場した試合について、ドリブル突破を図る映像のスピードを2割程度速くしていました。

 私どもは今回の事案を重く受け止め、調査が完了するまで「消えた天才」の放送を休止いたします。
取材に協力してくださったご本人及び関係者の方々、そして番組をご覧いただいた視聴者の皆様に重ねて深くお詫びいたします。

引用:「消えた天才」TBS番組公式HP

番組で取り上げられたスポーツ選手達に罪はないとはいえ、風評被害でイメージが悪くなる可能性がありますね。

メディアとしてはあるまじき行為だと思います。

【消えた天才】映像加工が発覚した4件

2019年9月5日時点で映像加工が発覚しているのは、4件になります。

4件とも映像加工の手口は一緒で、競技中の映像を2割程速くしています。

【消えた天才】映像加工が発覚した4件

2019年8月11日(伊藤栄二さん)
リトルリーグ全国大会で完全試合を達成した当時12歳の少年の試合映像

2018年1月3日
女子卓球選手が引退後の29歳のときに卓球をする映像

2018年1月3日
フィギュアスケート大会で優勝した当時小学生の男子がスピンをする映像

2018年11月4日
元Jリーガーの男性が小学生の時に出場した試合で、ドリブル突破を図る映像

1年半以上前から映像加工がされていたのですね。

ずっと視聴者を騙し続けていたのだと思うと、ショックを隠せないです。

Sponsored Link

消えた天才の野球で映像加工!加工前の動画と比較

問題となっている2019年8月11日放送の映像動画がこちらです。

実際の試合では、球速130km/hを超えるストレートを投げています。

それの2割速いということなので、球速156km/h以上出ている映像に加工されているのです。

司会のバナナマン設楽さんも球速に驚いています。

リトルリーグの試合なので、出場選手は全員12歳以下です。

確かによく見ると、球速が異常に速いですよね。

野球の試合をよく見ている人ならすぐにおかしいと気づくと思います。

それに、キャッチャーのグローブの動きが異常に速いのが分かります。

続いて、加工前の映像が以下になります。

こちらの映像も球速が速いのですが、加工映像と比較すると違いがはっきりと分かります。

2割速くするだけでこうも変わるのかと驚きました。

続いて、最高球速153km/hを投げる奥川恭伸投手との比較動画です。

マウンドからホームベースまでの距離はプロ野球とリトルリーグでは4mほどの差があります。

■マウンドからホームベースまでの距離

・プロ野球 14.02m
・リトルリーグ 18.44m

それを考慮したとしても、キャッチャーまでボールが届くまでの時間が全然違いますよね。

Sponsored Link

まとめ

今回は、『消えた天才』で問題になっている野球の映像加工を元の加工前の動画と比較検証してみました。

比較してみると、普段から野球を見ている人からするば、すぐに気づくくらい明らかな加工がされていることが分かりました。

番組制作にあたり、どのような背景があったかは分かりませんが、視聴者に対して失礼だと思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

Sponsored Link
error: Content is protected !!