人物

小保方晴子が働くケーキ屋(スイーツ店)はパティスリーリョーコか【おぼかたさん】

2019年12月25日の週刊新潮で小保方晴子(おぼかたはるこ)さんが都内の洋菓子店で働いていると報じられました。

小保方さんが働くケーキ屋(スイーツ店)の場所はどこにあるのでしょうか。

小保方さんはスイーツ店(ケーキ屋)で働いていた

週刊誌に撮られた小保方晴子さんが働く「超有名スイーツ店」の評判

2014年に“ノーベル賞級の快挙”とも言われたSTAP細胞を発見したとして注目を浴びた小保方晴子さん(36)の近況を12月25日発売の週刊新潮が伝えている。

同誌によると19年の初めころから同棲をはじめ、今は都内の洋菓子店で働いているという。

(中略)

 驚くのは小保方さんが働いている洋菓子店の評判だ。

スイーツ好きの間では「一生に一度は食べてみたい」と言われるほどの超有名店なのだ。

かつてはスイーツを買い求める客で長蛇の列が当たり前という状態だったが、高級住宅街の中にあることもあり、数年前から完全予約制になった。

2020年1月の営業日数は週末限定のたった7日間。

激レア度が増して予約困難の状況になっている。

 こちらの店の名物商品はたくさんあるが、サクッとした生地に濃厚な卵とバニラのクリームが入ったシュークリームが定番。

直径18cmのモンブランケーキが7000円近くするなど決して安くはないが、食べた人のほとんどがリピーターになるといわれている。

「地元でも愛されているお店です。売り場面積は4坪ほどで、外観はガラス張りのため、通りすがりに店内をのぞくことができます。小保方さんに似た女性が働き始めたのは2カ月前くらいからでしょうか。」(地元住民)

引用:2019年12月29日 日刊ゲンダイ

スイーツ店(ケーキ屋)の情報まとめ

都内の高級住宅街の中にある
「一生に一度は食べてみたい」と言われるほどの超有名店
かつてはスイーツを買い求める客で長蛇の列が当たり前という状態だった
数年前から完全予約制になった
2020年1月の営業日数は週末限定の7日間のみ
定番商品は、サクッとした生地に濃厚な卵とバニラのクリームが入ったシュークリーム
直径18cmのモンブランケーキが7000円近くする
売り場面積は4坪ほど
外観はガラス張り




スイーツ店(ケーキ屋)の店名はパティスリーリョーコか

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

山崎 明子(@akikoyamazaki_)がシェアした投稿

小保方晴子が働く洋菓子店

店名
パティスリーリョーコ

住所
〒108-0074
東京都港区高輪3丁目2-8

電話
03-5422-6942

東京都港区高輪の二本榎通り(にほんえのきどおり)沿いにあります。




 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

@my_foodageがシェアした投稿

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

さっちゃん(@sa__paaan)がシェアした投稿

error: