気になる人

水上颯の元彼女A子は誰?【妊娠中絶相手の女子大生・文春LINE画像】

Sponsored Link

2019年7月10日、クイズ番組『東大王』にレギュラー出演する水上颯(みずかみそう)さんの妊娠中絶トラブルを文春が報じています。

元交際相手(元彼女)のA子さんが暴露しています。

今回は、『東大王・水上颯の元カノA子は誰?元交際相手と妊娠中絶トラブル』と題して、真相に迫ってみたいと思います。

※水上くんの名前は水上楓(かえで)ではなく、水上颯(そう)です。

水上颯の文春LINEは合成・捏造か。嘘(デマ)で元彼女の妄想との声!2019年7月10日、『東大王』に出演している水上颯(みずかみそう)さんに文春砲がありました。 水上颯さんが元交際相手A子さんとの間で...
Sponsored Link

東大王・水上颯が元彼女と妊娠中絶トラブル

2019年6月10日 河野玄斗のツイッター

2019年7月10日、東大王・水上颯さんに文春砲がありました。

どうやら元交際相手のA子さんと妊娠中絶トラブルがあったようです。

文春の内容とA子さんの主張

A子と水上楓の出会いは2016年5月
当時、A子は大学1年生で水上颯は大学3年生
初デートで告白され付き合うことに(2016年5月?)
2019年4月頃まで水上颯はとても優しかった
2019年3月下旬、避妊具無しで性行為をしてしまう
その数週間後、水上颯に電話で『生理がこない』と伝えた
その電話以降、水上颯が態度が急変した
4月27日0時頃、その電話以降初めて2人は水上颯のマンションで会う ※LINE画像あり
その時、水上颯から『楽しくない』『タクシー代をあげるから、帰ってくれないか』と言われる
その約1週間後にした妊娠検査の結果は陽性だった
A子は「パートナーと連絡が取れない」ことを理由に中絶同意書に1人でサイン
A子は15万800円の費用を全額負担し、堕胎手術を受けた
堕胎から約1カ月の6月12日、水上颯からメッセージが入る
内容は『そういえば、生理ってあれからあった? ちょっと心配になった』
その日は河野玄斗の中絶トラブルの速報が出た日
6月15日、水上颯から電話が来た ※LINE画像あり
水上颯はその電話で生理のことをしつこく聞いてきた
A子が堕胎手術を受けたことを伝えると、水上颯は『ごめん』を繰り返した後、『いままでありがとう。じゃあね』と電話を切った

水上颯側の主張

2019年4月27日にA子から生理の相談はされていない
それを聞いたときに、A子から『聞かないでほしい』と言われたので、生理はきたものと思い込んでいた
A子とは2018年初頭から2019年4月までの約1年間交際していた
2019年4月末、2人で同士で話し合い、別れることになった

Sponsored Link

東大王・水上颯と元彼女A子のLINE画像

水上颯さんと元交際相手A子さんとのLINE画像が3つ流出しています。

まずは、交際が順調だったころの優しい水上颯さんです。

↓2016年12月下旬のLINE参照:https://bunshun.jp/articles/-/12727

2016年12月といえば、水上颯さんからするとA子さんと交際していない時期です。

交際していないと主張しているものの、やけに仲が良いやり取りだなと思います(笑)

続いて、避妊具無しで性行為(2019年3月下旬)をし、A子さんいわく直接会って生理の相談をした4月27日のラインのやり取りです。

↓2019年4月27日のLINE参照:https://bunshun.jp/articles/-/12727

最後に、河野玄人さんの文春砲があった2019年6月12日のあとのラインのやり取りです。

↓2019年6月15日のLINE参照:https://bunshun.jp/articles/-/12727

A子さんからの電話を無視し、メッセージも既読スルーしています。

Sponsored Link

東大王・水上颯の妊娠中絶相手の元彼女A子は誰?

2019年3月19日撮影
参照:https://bunshun.jp/articles/-/12727

そんな水上颯さんの元交際相手・A子さんは一体誰なのでしょうか。

まず文春砲での内容をまとめます。

元交際相手・A子さんの情報

都内有名大学に通う20代
出会ったのは2016年5月。当時A子さんは大学1年生、水上颯さんが大学3年生
友人を通じて出会った
交際期間は3年以上

その他の情報がないか、調査しましたが特にありませんでした。

文春の記事には『大学生』としか書かれていないため、A子さんは芸能活動を行っていない一般人の可能性が高いです。

A子さんは浪人や留年などがないとすれば、2019年現在で大学4年生で今年22歳ということになります。

もしA子さんが東大生なら、『都内有名大学』とは書かれないでしょうから、東大以外でしょう。

慶應義塾大学
早稲田大学
上智大学
明治大学
青山学院大学
立教大学
中央大学
法政大学

都内の有名私立大学をリストアップしてみました。

もしかしたらこの中の大学かもしれないですね。

新たな情報が判明次第、追記いたします。

Sponsored Link

ネットの声

ツイッター上ではこの報道は嘘なのではないかという声もあります。

確かに文春の記事の中の水上颯さんは少女漫画に出てくるようなキザなセリフを連発しています。

いつも画面越しで見る水上颯さんとのギャップに疑問があるのは当然でしょう。

今回の件について、水上颯さんから何か発表があることを期待したいです。

Sponsored Link

まとめ

2019年7月10日、『東大王』水上颯さんに妊娠中絶トラブルの文春砲がありました。

お相手の元彼女A子さんは都内有名大学に通う20代とのこと。

一般人の可能性が高く、詳細な情報が出ていませんでした。

水上颯さんは『東大王』のメインの出演者だけにイメージダウンはかなり痛いですね。

番組終了することだけは避けてもらいたいです。

最後までお読みただき、ありがとうございました。

↓【関連記事】↓

【文春】河野玄斗の相手女性・タレントA子は誰?東大生の頭脳王が中絶トラブル!テレビ番組でも引っ張りだこの河野玄斗さんがタレントA子さんと妊娠・中絶トラブルを起こしていたことが週刊文春の報道で明らかになりました。 ...
水上颯の文春LINEは合成・捏造か。嘘(デマ)で元彼女の妄想との声!2019年7月10日、『東大王』に出演している水上颯(みずかみそう)さんに文春砲がありました。 水上颯さんが元交際相手A子さんとの間で...

Sponsored Link

【内容】東大王・水上颯の文春砲

「生理が来ないことを伝えた途端、彼の態度は急変しました。王子様みたいに優しかった彼の冷たい言動に耐え切れず、一人で堕胎することを決心しました」

 大きな目から涙を流しながらそう語るのは、都内有名大学に通うA子さん(20代)だ。彼女は、クイズ番組「東大王」(TBS系)で大人気の東大生・水上颯氏(23)と3年にわたって交際してきた。だが今年5月、非常に不本意なかたちで中絶手術を受け、水上氏との子供を堕胎したばかりだという。

 取材班が水上氏のトラブルに関する情報を掴んだのは6月下旬。6月13日発売の「週刊文春」でクイズ番組「最強の頭脳 日本一決定戦! 頭脳王」(日本テレビ系)で活躍する、東大医学部生の河野玄斗氏(23)と女性タレントの中絶問題を報じた、わずか1週間後のことだった。交際相手であるA子さんに取材を申し込むと、A子さんは重い口を開いたのだ。

「私の恋人だったのは『東大王』の水上颯君。『頭脳王』の河野玄斗さんと同じく、東大医学部に通っています」(A子さん)

(中略)

●少女漫画のような出来事も……「王子様みたいに格好良かった」
A子さんが水上氏に出会ったのは2016年5月。A子さんが大学1年生、水上氏が大学3年生のときだった。A子さんが明かす。

「颯君とは友人を通じて出会いました。彼は最初から積極的で、みんなの前でハグをされて驚きました。初デートでは恋愛映画を観に行ったんです。その日に颯君から告白され、交際することになりました。颯君は女性慣れしているように見えたし、私は大勢の中のひとりだろうと思っていたのですごくうれしかったです。それから月に1、2回はデートをしていました」

テレビ出演や書籍の執筆、学業などで多忙を極める水上氏だが、A子さんとの交際は順調だった。

「颯君は本当に優しくて、いつもキュンとする言葉を言ってくれるんです。初デートの映画館で、私が『寝ちゃったらごめんね』と言ったら、『君の綺麗な顔をずっと眺めているよ』と言ってくれたり、『どうして私を彼女に選んだの?』と聞いた時は、『他の子はサラダで、A子ちゃんはメインディッシュだからだよ』なんて言ったり。キザな台詞をさらりと言うんです。男性とちゃんとお付き合いをしたのは颯君が初めてだったのですが、すぐに彼のことが大好きになりました」

 交際中には少女漫画に出てくるような出来事もあった。

「東大の学園祭に行ったとき、颯君がファンに取り囲まれて写真を求められたことがありました。私は遠慮したほうがいいのかなと思って後ろに下がろうとしたら、『そういうのやってないんで。A子ちゃん、行こう!』と私の手をとって、一緒に逃げてくれました。王子様みたいに格好良かった」

そんな微笑ましい2人の交際は、4年目に差しかかろうとしていた。

「颯君は忙しいので、私から会いたいと言い過ぎないように気をつけていました。でも昨年末に『本当はもっと会いたい』と伝えたんです。颯君は『そうだったの? もっと早く言ってよ』と、今年に入ってからは以前にも増して会ってくれるようになりました」

だが、2人の交際は“ある出来事”から暗礁に乗り上げてしまう。今年3月下旬のことだった。

●期待に応えようと、避妊具なしの行為を許してしまった
「性行為のときはいつも『避妊具をつけずにしたい』と言われていたのですが、妊娠するのが怖くてその度に断っていました。その日も途中までは避妊していたのですが、度々求められるのでつい許してしまったんです。最近たくさん会ってくれることが嬉しくて、期待に応えようとしてしまいました」

 数週間後、A子さんは生理が遅れていることに気づいた。すぐに水上氏に電話し、「生理がこない」と伝えたという。

「颯君は『1、2週間後にまだこないようだったら検査してみて。赤ちゃんにもよくないからストレスを溜めないようにね』と言ってくれました。親にも友達にも相談できずに悩んでいたのですが、この人だったら大丈夫だと思った。万が一妊娠していたとしても、産みたいと思えるほど優しい言葉でした」

 しかし、その電話の後から水上氏の態度が急変した。

「まだ妊娠検査薬で結果がわかる時期ではなかったのですが、颯君と早めに直接話をしておきたくて、何度もメッセージを送りました。でもそのたびに忙しいことを理由に《その日は無理だ》と断られ続けました。不安で不安で仕方ありませんでした」

4月27日、なんとしてでも会わなければいけないと思ったA子さんは、電話で会ってほしいと懇願し、水上氏が1人で暮らす都内のマンションへ向かった。水上氏と会えたのは、彼が飲み会を終えて帰宅した午前0時頃のことだ。

「帰宅するなり、彼はソファでずっとスマホをいじっていました。何を話しかけても上の空で、こちらを見てもくれなかった。そのうえ『仕事があるから』と、大事な話をせずに暗に私を帰そうとしたんです」

●「タクシー代をあげるから、帰ってくれないか」
そこでA子さんは意を決して、「(こちらを見てくれないのは)私に生理がこないからなの?」と聞いた。

「不安で、声は震えていたと思います。そうしたら『ずっと言いたかったんだけど……楽しくない』と、急に不機嫌な態度になってしまって。数日前に電話口で聞いた優しい声とは全く違う、冷たい声でした」

 ショックを受けたA子さんは何も言えず、黙り込んでしまった。2人の間には気まずい時間が流れた。

「それでもいつものように一晩過ごせば優しい颯君に戻るかもしれないと、そう思っていました。でも颯君は『先寝てて』と言ってマンションを出ていってしまった。私はLINEで『朝まででいいから(側に)いて』と引き返してくれるようお願いしました。そうしたら面倒そうに戻ってきて、『タクシー代をあげるから、帰ってくれないか』と冷たく言い返されました」

それでも食い下がるA子さんだったが、水上氏は冷たい態度を取り続けた。

「生理の話をするたびに、彼は話題を変えたり部屋を出ようとしたりするんです。『距離を置いたほうがいいと思う』とも言われました。結局ひとつのベッドで一緒に寝ることになったのですが、そっぽを向いて『触らないで』と言われました」

 思いつめたA子さんに対し、水上氏は最後まで向き合うことはなかった。

「帰り際にはいつもキスとハグをするのが習慣だったのに、『したくないの、わかるでしょ』と初めて断られてしまって……。その瞬間、颯君に捨てられたんだと、目の前が真っ暗になりました。ずっと気付かないフリをしていたけど限界でした。私はその時ひとりぼっちになってしまいました」

一人で中絶同意書にサインし、一人で終わらせた
孤独と絶望の中、約1週間後に行った妊娠検査の結果は陽性。A子さんはネット検索をし、一刻も早い中絶が母体への負担を最小に抑えられることを知った。

「彼と相談できていれば、もう少し悩んでから決断したかもしれません。でもあの日の冷たい言動が忘れられなくて。こんなこと誰にも相談できません。親が知ったら、心配で倒れてしまうかもしれない。だから、一人で終わらせることにしました」

 A子さんは「パートナーと連絡が取れない」ことを理由に中絶同意書に一人でサインし、堕胎手術を受けた。15万800円の費用は、A子さんが全額負担した。

「何度も『よろこんであげられなくてごめんね』と赤ちゃんに謝りました。全部、私がしっかりしていなかったのが悪いんです。暗闇に放り出されたような恐怖と不安に押しつぶされそうでした」

●《そういえば、生理って……》水上氏が突然連絡してきた理由
堕胎から約1カ月、A子さんは夜も眠れない日々を過ごしていた。そして6月12日、A子さんの元に水上氏から連絡が入った。

「颯君から《そういえば、生理ってあれからあった? ちょっと心配になった》とメッセージがきたんです。なにをいまさら? と思いましたが、その後すぐに理由がわかった」

 その日、「文春オンライン」が“頭脳王”河野玄斗氏の中絶トラブルを速報したのだ。水上氏から連絡があったのは、速報の約2時間半後だった。

「記事を読んで、自分にも心当たりがあると焦ったんだと思います。そんな思惑が透けて見えたので、返信しませんでした」

 その3日後、水上氏から電話がかかってきた。

「『久しぶり』の一言もなく、生理のことをしつこく聞いてきました。私は腹が立って、『あなたが忙しすぎるから、全部ひとりでやるしかなかったんだよ』と伝えました。そのとき私は“中絶”や“堕ろす”という言葉を使えるほど、自分のしたことに向き合えていなかった。だから、『ひとりでやるしかなかった』という言葉で手術を受けたことを暗に伝えたつもりでした。

 それを聞いた彼は『ごめん』と何度も繰り返していました。私が一人で中絶したことが伝わったのだと思います。それを聞いた彼は口数が少なくなり、『いままでありがとう。じゃあね』と電話を切ったんです。私のことを心配するフリをして電話をかけてきたくせに、颯君は自分のことしか考えていなかった。私のことも赤ちゃんのことも、どうでもよかったんでしょうね」

河野氏の報道までは、A子さんは水上氏との間に起こったことを隠し通そうと考えていたという。

「ずっと自分のことを責めていました。赤ちゃんを殺したのは私。両親にも友達にも言えないし、この罪は私が背負っていくべきだと思ってきました。死ぬべきなのかもしれないと思い詰めたこともあります。でも颯君は何も変わることなく、テレビの中で“プリンス”のままです。それが悲しくて、今はテレビを見ることができません」

 取材班は水上氏に電話で直撃した。

――A子さんと交際していましたか。

「はい、それについては間違いないです」

――4月27日に水上氏の自宅でA子さんから「生理がこない」ことを相談されている?

いや、その時は僕、(生理がきたかどうかについて)伺ってないです。で、僕からそれを聞いたときに、彼女から『聞かないでほしい』と言われたので、生理はきたものと思い込んでおりました」

――その当時の状況を詳しく教えてください。

「詳しく……ちょっとこれ、事務所を通していただくことは可能でしょうか。一度失礼させていただきます」

事務所を通じて水上氏に事実確認を求めたところ、文書で回答があった。

水上は、2018年初頭から2019年4月までの期間、A子さん(回答書では本名)と交際をしていましたが、同年4月末に、本人同士で真摯に話し合いを行い、お別れすることとなり、現在に至っています。貴編集部からの『質問状』記載の質問の中には、事実無根の記述が含まれており、十分な取材を尽くさぬまま、明確な根拠なく記事を作成・掲載しようとされていると言わざるをえず、極めて遺憾に存じます」

 回答を受け、A子さんに再度取材をしたところ、「私がお話しした内容はすべて事実です」とした上で、水上氏側が交際期間を1年程度だと主張していることについて、こう述べた。

「間違いなく、私は颯君と3年以上お付き合いしてきました。大学時代のほとんどを彼と過ごしてきたんです。

 それに、最後のお別れは6月15日に電話で『じゃあね』と告げられただけです。『真摯に話し合いを行い、お別れすることとなり』なんて……一体どの口が言っているのでしょう。悔しいです」

 水上氏側の回答を何度も読み返しながら、A子さんは「驚きました」とショックを隠せない様子だった。

引用:https://bunshun.jp/articles/-/12727

↓【関連記事】↓

【文春】河野玄斗の相手女性・タレントA子は誰?東大生の頭脳王が中絶トラブル!テレビ番組でも引っ張りだこの河野玄斗さんがタレントA子さんと妊娠・中絶トラブルを起こしていたことが週刊文春の報道で明らかになりました。 ...
水上颯の文春LINEは合成・捏造か。嘘(デマ)で元彼女の妄想との声!2019年7月10日、『東大王』に出演している水上颯(みずかみそう)さんに文春砲がありました。 水上颯さんが元交際相手A子さんとの間で...
Sponsored Link
error: Content is protected !!